Best Play!鷹馬日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 九州大賞典は南関東で発売されます

<<   作成日時 : 2008/11/07 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

九州大賞典 発売所の追加について

という訳で、九州大賞典の馬券が南関東系列の発売所とばんえい競馬の各発売所(+BAOOでも発売)で発売されることになりました。

ただ普段九州競馬の馬に馴染みのない方も多いでしょうから、せっかくですのでどういう馬が出るのか一頭づつ紹介してみようと思います。

1枠1番 ザオリンポスマン・牡7
(父コンサートボーイ、母父ザーラージル)
佐賀生え抜きの馬で、デビューからなかなか勝てず、ようやく初勝利を挙げたのがデビューから1年後。
そこから軌道に乗り勝ち星を稼ぎ続け、2007年にはついに吉野ヶ里記念を制した。
その後も地元のダートグレードで掲示板を確保するなど、佐賀を代表する一頭。
ただ最近はその力にやや陰りが見られ始めている。

2枠2番 ワンパクメロ・牡5
(父ブラックタキシード、母父ミルジョージ)
現在の佐賀最強馬がこの馬。
デビュー当初は目立つ存在ではなかったが、一躍脚光を浴びたのが2年前の九州ダービー栄城賞。
このレースで7番人気の低評価を覆し2着した以後は、25戦して17勝(その内4着以下は小倉の芝レースの3戦と佐賀記念の4回のみ)を挙げ、昨年のこのレースを皮切りに中島記念、はがくれ大賞典も制している。
コンビを組む倉富隆一郎騎手は今佐賀で一番勢いに乗っているジョッキーだ。
休養明け2戦目の前走雷山特別を快勝し連覇に向けて視界良好。

3枠3番 アサクササイレン・牡7
(父サンデーサイレンス、母父BobBack)
JRAで15戦3勝、共同通信杯5着の実績を持ち、一昨年佐賀へ移籍してきた。
移籍2戦目に高千穂特別(A1級)を勝ったものの、その後は14戦して2着が1回あるのみで成績はいまいち伸び悩んでいる。
JRA時代は芝を中心に使われており、ダートは得意では無いのかもしれない。

4枠4番 テットウテツビ・牡7
(父アサティス、母父サクラチヨノオー)
今回唯一の荒尾からの遠征馬。JRAを13戦未勝利のあと荒尾へ移籍。
荒尾の賞金体系の都合でA級特別で走った経験はないが、07年の大阿蘇大賞典で3着に入るなど荒尾A級馬に見劣りしない事を証明し、前走の九州記念では荒尾のトップホースであるケイウンヘイローを破り、九州大賞典への出走権を獲得した。
佐賀のコースは10戦して5勝、2着2回、3着3回で着外は無い。

5枠5番 カレンパパ・セン7
(父ダンスインザダーク、母父Homebuilder)
JRA時代は36戦3勝(そのうち2勝は名古屋での条件交流競走であげたもの)の成績。
佐賀へ移籍してからの3戦は未勝利だが、JRA時代から長い距離を使われてきておりJRAでの唯一の勝利もダート2300mでのものなので、2500mに伸びるこのレースは距離適正があり伏兵候補といえるだろう。

6枠6番 オリオンザクロノス・牡5
(父タイキブリザード、母父リンドシェーバー)
JRA11戦1勝の成績で昨年から佐賀へ移籍。
移籍当初から好戦しており、3月のはがくれ大賞典でワンパクメロの2着、そして7月の吉野ヶ里記念でザオリンポスマンを下し重賞初制覇を果たした。
続くサマーチャンピオンでも軽ハンデを生かして4着に健闘するなど、すっかり佐賀を代表する一頭に成長しワンパクメロに次ぐ存在である。
今回も名手鮫島克也騎手を背にワンパクメロに挑む。

7枠7番 エアオーサム・牡7
(父フォーティーナイナー、母父KnownFact)
JRA35戦4勝で比較的ダートの短距離での活躍が目立つ。
佐賀へ移籍してから9戦未勝利ではあるが、ここ4走は掲示板を確保する堅実さが出てきた。
但しいずれも1800m以下でのものだった。
3ヶ月半の休養明けと、2500mへ距離が伸びるここではやはり距離への不安が残る。

8枠8番 マリットチャージ・セン8
(父バブルガムフェロー、母父ドクターデヴィアス)
JRAでは42戦3勝の成績だったが、佐賀へ移籍してからは12戦5勝で既にA1級特別も4勝を挙げている。
テンの速さは出走メンバー中随一で、恐らく今回も逃げを打つと予想される。
この馬もJRA時代は短距離中心に使われてきているだけに、スローに落としてどこまで持つかが課題になるだろう。

8枠9番 フジヤマビュティー・牡7
(父エンドスウィープ、母父トニービン)
JRA33戦2勝の成績で佐賀へ移籍。
JRA時代は芝の1200mを使われてきており、2つの勝利いずれも1200mで挙げたものである。
移籍2戦目こそA1特別で2着に入っているが、14戦未勝利という成績。
得意であるはずの短距離のレースでも掲示板を外す事が多いところを見ると、ダート適正はあまりないという判断もできる。


九州大賞典の発走は11月11日(日)第10レース午後4時35分の予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[佐賀競馬]九スポ杯第10回九州大賞典の枠順確定
http://www2.keiba.go.jp/keibaWeb/PageFlows/DebaTable/DebaTableController.jpf?k_babaCode=32&#38;k_raceNo=10&#38;k_raceDate=2008%2F11%2F09 普通に考えればワンパクメロの連覇はゆるぎないのだが、それでは面白くないので逆転する馬を考える。 ……とはいえ候補はザオ ...続きを見る
座布団が行司にクリーンヒット
2008/11/08 06:23
九州のダート王決定戦!九州大賞典で気になる馬たち!
9(日)に行われます九州大賞典は、九州のダート王決定戦であると同時に優勝馬には何と2月の佐賀記念への出走権利が与えられるという気の早さ・・・ ...続きを見る
NO GUTS,NO GLORY.
2008/11/09 14:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
九州大賞典は南関東で発売されます Best Play!鷹馬日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる