Best Play!鷹馬日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 第11回九州大賞典の枠順確定

<<   作成日時 : 2009/11/13 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年に引き続き出走馬プロフィールをご紹介します。

1枠1番 テットウテツビ
荒尾からの遠征馬。去年のこのレースでは3着に入っており距離適性に問題は無し。前走九州記念ではタニノウィンザーとタイム差なしの2着。

2枠2番 ステルスグリーン
今年に入り12戦を消化し準OPで4勝。3走前の脊振山特別ではヘイアンレジェンドから0.8秒差離されての4着。母父ミルジョージなので血統的に距離は問題ないが相手が強い。

3枠3番 ミヤノオードリー
唯一の3歳馬。春シーズンは3歳特別の1勝のみと伸び悩んだが、夏の小倉遠征を期に馬がガラッと変わり、ロータスクラウン賞を制覇。前走雷山特別では、佐賀の一線級を相手に豪快に捲り勝ちし一躍最有力馬となった。

4枠4番 アルカライズ
佐賀に移籍後8戦4勝。春シーズンははがくれ大賞典を勝っており、前走雷山特別は休み明けで5着。叩き2走目で良化してくれば怖い一頭か。

5枠5番 エフケーフィル
今年の吉野ヶ里記念勝ち馬。サマーチャンピオンでも5着に入着しており能力はこのメンバーに入っても引けはとらない。母父リアルシャダイなので距離は問題ないだろうが、ここまで使い詰めで来ているのがやや気になる。

5枠6番 カレンパパ
佐賀に移籍後は5走前に2着が1回あるのみで依然勝ち星は無い。JRA時代は長距離を中心に使われているが、去年のこのレースでは掲示板を外しており今回も厳しい。

6枠7番 ワンパクメロ
07年、08年と九州大賞典2連覇中。復帰戦の久住山特別は勝利したが、前走雷山特別ではミヤノオードリーの後塵を拝してしまった。今回雪辱なるか!?

6枠8番 タニノウィンザー
荒尾からの遠征馬。肥後の国グランプリ、大阿蘇大賞典を勝っており荒尾での実力はトップクラス。佐賀コースは佐賀記念で8着に入っているが、この時6着のワンパクメロからは0.8秒離されていた。

7枠9番 ヘイアンレジェンド
佐賀に移籍後3戦1勝2着2回とパーフェクト連対中。前走はミヤノオードリーには敗れたが、ワンパクメロ以下を抑えて2着に入っており実力は互角といえる。

7枠10番 サンシーズン
佐賀に移籍後4戦して2着が1回という成績でまだ勝ち鞍がない。前走九州記念ではタニノウィンザー、テットウテツビに敗れている(3着)。

8枠11番 ビッグクラウン
東海公営ではA級馬としてそこそこの活躍を見せていたが、佐賀に移籍後もOPを勝つなどそれなりの活躍を見せているが、母父ニホンピロウィナーというマイラー血統が入っているのが気掛かり。

8枠12番 アドマイヤミスティ
常に脚部不安を抱えており、佐賀移籍後は一貫して減量特典のある清水騎手が手綱を取っている。ここ2走は3秒以上の大差で敗れており今回も厳しいか。


発走は11月15日(日)16時です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第11回九州大賞典の枠順確定 Best Play!鷹馬日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる