Best Play!鷹馬日記

アクセスカウンタ

zoom RSS さようなら荒尾競馬

<<   作成日時 : 2011/12/24 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


昨日は最終開催日となった荒尾競馬場へ行ってきました。ここへ来るのももう最後・・・

11時半頃に到着しましたが競馬場内は人・人・人。こんなに人がいる荒尾競馬場を見るのは初めてでした。きっと全盛期の荒尾競馬はいつもこんな風に大賑わいだったんでしょうね。
画像

画像

パドックもこの通り黒山の人集り。
画像


そういう訳で馬券を買うのにも長い行列で一苦労。予め佐賀競馬場に立ち寄って馬券を購入しておいて正解でした。

その後プリンセス賞、肥後の国グランプリと順調にレースを終えていよいよ最終レースが始まります。本馬場入場の誘導馬には最終レースに騎乗のなかった西村栄喜騎手と、ここ荒尾で研修を受けていた小山騎手候補生が務めました。
画像

画像


最後のレースがスタート。牧野騎手騎乗のサマービーチが大外から果敢に逃げを打ちます。そしてそのまま2着に9馬身差を着けてゴールイン。その瞬間場内からお疲れ様の声援と拍手に包まれました。
画像

ウイニングランする牧野騎手。
画像

いち早く戻ってきた村島騎手も声援に応えます。
画像

レースを終えて他の騎手も続々戻ってきます。これで荒尾競馬の83年の歴史に終止符が打たれました。
画像


最終セレモニーではお世話になった調教師の皆さんに騎手全員から花束が贈呈。
画像


そしてサプライズで佐藤智久騎手の結婚式が。そういえば先週娘さんの誕生日記念の協賛レースをやってましたね。
画像


その後馬場開放が行われた様ですが家路を急がないといけなかったので競馬場を後にしました。それにしても、もうここで競馬が行われることがないと思うとやっぱり寂しいですね。
三井三池炭鉱の閉山と共に衰退の道を辿った荒尾競馬。とはいえ、ちょっと前にも書きましたが来年秋からはJRAと地方競馬の相互発売が始まる予定です。その結果を見てから存廃の判断をしても良かったんじゃないかと今でも思います。

今分かっているだけで、杉村騎手、吉留騎手、西村騎手の3人は南関東へ。岩永騎手と来年デビューする小山さんは佐賀、沖縄出身の宮平騎手は北海道へ移籍するという話です。他の騎手は引退とのこと。吉田隆二騎手は競馬の世界から離れ、競馬場の近くで鉄板焼き屋を開業したとのことです。
こうやって競馬に携わっていた人々が色んな土地へ散り散りになってしまうのは非常に残念ですね。今は新たな土地での成功を願うばかりです。
画像


さようなら荒尾競馬。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さようなら荒尾競馬 Best Play!鷹馬日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる