飛燕賞結果&たんぽぽ賞予想

今年の飛燕賞は花吹雪賞2着のゴールドセントの優勝。
今まで2着が5回ともう一歩突き抜けれなかったんですが、今回の重賞制覇が佐賀での初勝利となりました。
2着が花吹雪賞4着に敗れたモエレダイヤモンド。3着には同レース優勝のダイヤアストライア。更に4着にゴールドルミナスが入り、終わってみれば1~4着を花吹雪賞上位馬が着順を変えて独占という結果でした。

この結果を見るとネオアサティスが抜けた上にフレーザーハクユウも南関から戻って来たことですし、今年の3歳戦線は牡馬よりも牝馬の方が相対的にレベルが高いという事なのかもしれませんね。

画像

画像


2月23日(火)
荒尾10R
第14回 たんぽぽ賞(九州産限定JRA交流)1500m

◎ 1・コウユーヒーロー
○12・ミゲール
▲11・カシノピストン
△ 7・レッドエンゼル
△ 8・キリシマウイング
△ 3・スズノブレイヴ
△10・クリノキンバリー

ダートグレード出走経験があり、前走500万下で勝ち馬に1秒差の6着と健闘した実績ならここでは格上と見てコウユーヒーローを本命にしました。
気になるのは長距離輸送の影響があるかどうかですが、門別への長距離輸送の経験もあるし、追い切りも一杯に追われてるしで問題は無しだと思います。
この馬に対抗できるのはミヤマキリシマ特別を勝ったミゲール。
荒尾のコースを経験出来たのは大きいと思いますね。大外枠ですがこの枠なら揉まれないし、4コーナー奥のポケットからのスタートなのでそんなに不利になる事もないでしょう。

3番手以下は混戦ではないかと思うので馬券は、
馬単1⇔12、と3連単1,12⇒1,12⇔3,7,8,10,111⇒3,7,8,10,11⇒12で勝負してみたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック