テーマ:競馬

栄城賞 ダイリングローバル優勝

ロマンチックの不在で一転して混戦となった今年の九州ダービー栄城賞を制したのは4番人気ダイリングローバル。 道中はタカノアラエビスとラブミートゥナイトが飛ばして作り出したハイペースな流れを後方から2番手で待機、3~4コーナーで一旦抜け出したゴールドペンダントをゴールまで残り50m付近で見事に捉えきりました。 管理する東眞市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州ダービー栄城賞登録馬

5/31(金) 第55回 DW2013九州ダービー栄城賞 オリンポス     牝 B級 カシノアルテミス  牝 B級 エスペランサ    牡 C1 ビックナゲット   牝 C1 ゴールドペンダント 牝 C1 ラブミートゥナイト 牝 C1 フレンドクィーン  牝 3歳 ダイリングローバル 牡 3歳  タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石川慎将騎手が期間限定で北海道へ

・石川騎手の北海道での期間限定騎乗 競馬日本一さんのブログによると、石川慎将騎手がホッカイドウ競馬で期間限定騎乗するそうです。 期間は7月1日から8月31日までの2ヶ月間。 道営は佐賀よりも2歳馬のレベルが高いので良い馬に乗れるチャンスが出来ればいいですね。頑張ってきて欲しいです。 ・また300万馬券が出た土曜日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ル・プランタン賞はエイシンルンディー快勝

19日に行われたル・プランタン賞は笠松から参戦したエイシンルンディーが優勝、2着は兵庫のホクザンルージュという結果でした。 尾島騎手はインタビューで自信持って乗っていたと語ってましたね。今年も他地区勢が強かった。 地元佐賀の最先着はビッグナゲットの4着。 エイシンルンディーからの着差が3馬身半なのでロマンチックが出てた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宵もよかよかさがけいば

福山から移籍の渡辺博文騎手と柳井宏之調教師の紹介式が13日に行われました。 柳井師の管理馬は4月28日からの第2回開催から出走となるそうです。 そして渡辺騎手は早速開催初日から騎乗開始、初日の13日はメインでレコパン等8鞍騎乗があったものの勝ち鞍は無しでしたが、翌14日の第4Rナンゴクノゴルゴ号で移籍後初勝利となりました。単勝5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年度からの変更点

新年度に入り佐賀競馬でも色々と変更点がある様子なのでいくつか列挙しておきます。 ・薄暮競馬の実施 4月から第1レースが12時発売開始、12時15分発走に変更され事実上の薄暮競馬が始まります。 という事は最終レースの時刻をIPAT発売ぎりぎりに併せてくると思われます。恐らく最終レースは18時15分になるんでしょう。 JRA…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はがくれ大賞典 史上初の1着同着

同着というのはしばしば見られるもののこれが重賞でとなると佐賀では史上初の出来事でした。 4コーナーでは2頭の一騎打ち、頭一つ抜け出したデュナメスに対して負けじと最後の最後で並んだレイズミーアップ。実に見応えたっぷりの直線の追い比べでした。 両陣営おめでとうございます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の福山競馬場訪問

3月限りで廃止となってしまう福山競馬場へ出掛けてきました。 新鳥栖駅から新幹線さくらに乗り福山駅へ着いたのが8時半過ぎ、しばらく時間も空いたので午前中は鞆の浦へ観光へ行き、競馬場へ向かったのはお昼前頃でした。 そういえば前回福山競馬場へ足を運んだのは6年前の最後のアラブ大賞典の日、その時のキャッチコピーが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀競馬平成25年度日程

平成25年度佐賀競馬開催日程(PDF) 新年度の日程が発表されました。 S1重賞の日程はこうなりました。  4月19日(金) ル・プランタン賞  5月31日(金) 九州ダービー栄城賞  7月14日(日) 吉野ケ里記念  8月13日(火) サマーチャンピオン(JpnⅢ)  8月13日(火) 霧島賞  9月22日(日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Mr.Pinkのラストウィーク

短期免許で騎乗していた内田利雄騎手、今週で佐賀競馬での騎乗がラストとなります。 今回の短期騎乗ではあまり良い成績が挙げられなかったのが残念でしたが、パドックでの存在感はやっぱり際立ってました。 今後は正式に浦和競馬所属となる内田騎手ですが、またチャンスがあれば佐賀まで遠征してきて欲しいですね。 Mr.Pinkお元気で!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オッズパークグランプリ エスワンプリンス3着

笠松競馬場で行われたオッズパークグランプリ2013は地元笠松のラブミーチャンが貫禄勝ち。2着はナイキマドリード、佐賀から参戦したエスワンプリンスが3着に入りました。 さすがにダートグレード実績豊富な1,2着馬には差を付けられましたがそれでも走破タイムは1分25秒5。上がり3ハロン37秒0は優秀なタイムです。 1コーナーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飛燕賞でもロマンチックは止まらなかった

今年の飛燕賞はロマンチックが2着以下に5馬身差を着けて圧勝でした。 戦前はダイリングローバルとの一騎打ちムードでしたが、そのダイリングローバルが掛かって折り合いを欠き自滅。そうなれば既に勝負付けが済んだハクユウマイスターやビッグナゲットでは相手になりませんでしたね。楽勝だったと思います。 気になる次走ですが候補に挙がって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

売上レコードを記録した佐賀記念Day

今年の佐賀記念は1番人気ホッコータルマエが優勝。2分5秒7はレコードタイ記録でした。 逃げるエーシンモアオバーを2番手マークでレースを進め最後の直線であっさり抜け出し3馬身差つけてゴール。さすがGI3着馬、格の違いを見せつけてくれました。 騎乗した幸英明騎手は1997年グリーンサンダー以来15年振りの佐賀記念制覇です。佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀記念&たんぽぽ賞枠順決定

11R  佐賀記念(Jpn3)オープン ダ  2000m(右回り)  発走時間 16:50 1 キングスエンブレム 57.0  福永祐  2 タニノウィンザー 56.0  吉田順  3 エー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安藤勝己騎手の引退

アンカツこと安藤勝己騎手が引退を発表されました。 ライデンリーダーで制した4歳牝馬特別から18年、JRA移籍から丸10年。数々の大レースを勝ち、地方競馬からJRAへの道を切り開いたパイオニアでもありました。 個人的に印象に残っているのは笠松時代に佐賀競馬のサマーチャンピオンをフジノコンドルで勝った時のレースとダイタクリーヴァへの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手の騎手と短期騎乗騎手と移籍騎手

先週の日曜日は約一ヶ月ぶりの佐賀競馬場行きだったので、短期騎乗の騎手や移籍騎手を見るのも初でした。 まずはMrピンクこと内田利雄騎手。宇都宮競馬の廃止後全国を駆け巡ったさすらい騎手も佐賀への短期騎乗が最後。新年度からは浦和競馬所属となります。 微妙に流し目はゲットできず。次こそは・・・ お次は宮平鷹志騎手。勝負服が荒尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花吹雪賞ロマンチック優勝

今年の花吹雪賞は去年の九州ジュニアchの勝ち馬ロマンチックの優勝。快勝でしたね。ビックナゲットもかなり喰らいついたんですが相手じゃなかった。 今後は飛燕賞を使ったあと福山の若草賞目標だそうです。果たして他地区の強豪相手にどこまでやれるか? あと観に行ってはいないんですが土曜日の筑紫野賞(S2)、重賞ファンファーレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀競馬の重賞が大量増設

来年1月から佐賀競馬の重賞競走が一気に7つも増えてます。 平成25年 1月19日(土) 第1回筑紫野賞(S2) サラ系3歳オープン 1,750m 1月20日(日) 第54回花吹雪賞(S1) サラ系3歳牝馬オープン 1,800m 1月26日(土) 第1回球磨川賞(S2) サラ系3歳以上オープン 1,800m 2月 9日(土)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

九州大賞典 デュナメス4度目の正直

今年の九州大賞典は1番人気に応えたデュナメスが優勝。4度目の重賞挑戦で初制覇、そして南谷圭哉騎手も重賞初制覇となりました。 レースは前半掛かり気味に逃げるマイハマドリームと並走していたので後半に末脚が残っているか心配でしたが、二枚腰でタニノウィンザー、メイホウホップの追い込みを振り切りました。 正直最終コーナーでは後続に飲み込ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口騎手の壮行会

WSJSに出場する山口勲騎手の壮行会が行われました。 24日と25日に府中のパドックに張られる横断幕にはファンからの寄せ書きが書かれています。僭越ながら私も書かせてもらいました 山口騎手頑張って下さい! そして中島記念のファン投票の掲示板も登場。楽天競馬やオッズパークからもファン投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPAT接続工事中

11月6日から15日までの10日間佐賀競馬場はIPAT投票接続工事の為に本場開催も場外発売もお休み。この間唯一の馬券発売はウインズ佐賀でのエリザベス女王杯のみでした。 そのエリ女の馬券を買いに行ったのですが、スタンド内は当然ながら閉まっていて立ち入れません。 なんでも焼く店も開いていなかったのでスポーツ新聞も買えず仕方な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州ジュニアCh ロマンチック圧勝

今年から未来優駿シリーズに組み込まれ施行時期が一ヶ月前倒しになった九州ジュニアチャンピオン。今年は1番人気ロマンチックが2着以下を圧倒。10馬身引き離し優勝となりました。 優勝した山口勲騎手は去年のダイリンウイークに続き2連覇です。 今年は佐賀デビュー馬限定として行われているので、来年の九州ダービーに向けて今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口勲騎手がWSJSの舞台へ!

19日(金)に行われたSJT佐賀ラウンドは、地元佐賀の山口勲騎手が総合47ポイントで大井ラウンドからの首位を守り切り見事優勝。東京競馬場で行われるWSJSの地方競馬代表となりました。 2位戸崎騎手との差は僅か1点。最終戦が後ろの入線だったので優勝できたかどうか着順が判明するまで微妙な気がしましたが、結果的に大井ラウンドの貯金が最後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SJT第1ラウンド 山口勲騎手1位通過

第一戦 シルバーサドル賞 レース結果 レースリプレイ 第二戦 シルバーブライドル賞 レース結果 レースリプレイ SJT2012 第1ステージ(大井)の結果 大井競馬場で行われたスーパージョッキートライアルの第一戦と第二戦の結果、佐賀の山口勲騎手が33点で1位で第二戦ラウンド進出を決めました。 第二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウルトラカイザー復帰戦圧勝

9月29日土曜日の佐賀メインレースでウルトラカイザーが出走し、鞍上の真島騎手が全く追う事なく圧勝。 まさに格の違いを見せ付けてくれました。 この秋、どういう路線を取るのか注目ですね。 個人的には早くエスワンプリンスとの対決が見たい! そしてこの日は去年の吉野ヶ里記念勝利以来1年2ヶ月ぶりにサクラリボルバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エスワンプリンス九州三冠達成

今年のロータスクラウン賞はエスワンプリンスがコパノモーニングの追撃を凌ぎきって優勝。 着差は3/4馬身とあまりつかなかったのは大井遠征の疲れがとれなかった為だそうです。それでもコパノモーニングに最後まで抜かせなかったのだから着差以上の強さを見せてくれたと思います。 エスワンプリンスはこれで2月の飛燕賞、6月の九州ダービー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

台風接近

【重要】9月17日の開催中止について(佐賀競馬公式サイト) 17日の佐賀競馬は台風16号接近により中止だそうです。 開催している時間帯がちょうど台風の風雨が一番強い頃になりそうなのでこれはやむを得ないですね。 競馬以外でも唐津ボートも明日は中止順延。せっかくのGI開催だったんですがねぇ。 ちなみに佐賀競馬の代替開催は無い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田稔騎手が引退

名古屋競馬の吉田稔騎手が引退を発表しました。 吉田騎手といえば、佐賀県出身で父は佐賀競馬の吉田昭調教師。佐賀競馬場にも度々騎乗しにやって来てくれていましたが、佐賀での騎乗は7月の里帰りジョッキーズカップが最後となってしまいました。 今後は北海道で育成牧場を営むそうです。25年間お疲れ様でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エスワンプリンス黒潮盃3着好走

佐賀から大井への長距離輸送、初ナイターとクリアする課題が多かったにも関わらずエスワンプリンスが3着に好走してくれました。 掲示板に載れれば上出来と思っていたのですが、馬券圏内にまで来たのは期待以上でした。 道中、鮫島騎手が手綱を引っ張る程に掛かってた様子。現状はマイル以下の距離がベストのように見えるけれど、それでも1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サマーチャンピオンと霧島賞と山口勲騎手3000勝

お盆開催の佐賀競馬を時系列で振り返ります。 まず第3レースで山口勲騎手が地方競馬通算3000勝を達成しました。 山口騎手の初勝利は昭和62年11月1日。それから25年後の偉業達成となりました。おめでとうございます! そして佐賀では13年ぶりの施行となった九州産限定重賞の霧島賞。勝ったのはテイエムハエンカゼ。1番人気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more